ジェームズ・ビアード財団公認シェフ 乗船クルーズ
美食家たちのこだわりのレシピを船上で

 ますます進化する、ウインドスターの洋上ダイニング

 ウインドスターが美食を追求する船であることが認められ、北米における料理界のアカデミー賞ともいわれるジェームズ・ビアード賞の設立者ジェームズ・ビアード財団の公認クルーズラインとなりました。引き続き2021年まで、船上でJBF美食クルーズをお楽しみいただけます。

 

●JBF美食クルーズとは

 同財団認定の優秀なシェフを船に招き、乗船中には各シェフによる卓越したお料理やプレゼンテーション、マーケットツアー、料理に関するツアーを楽しみます。

​ 彼らが日頃から切磋琢磨し、経験し、こだわり抜いて作り上げたレシピ。彼らのお店を予約することはとても難しいのですが、ウインドスターの船上では予約不要、アップチャージもなしでリラックスして彼らのレシピをご堪能いただけます。

●下記のクルーズ以外の出港日でも、毎晩メインダイニングにてJBF公認シェフのレシピのお料理を一品ずつお楽しみいただけます。

​北米の才能がウインドスター船上に集結

 

「他のクルーズラインには有名人のシェフがいるところもありますが、ジェームス・ビアード財団とのパートナーシップのおかげで、ウインドスターには、信じられないほどのスーパースター・シェフがずらっと並んでいます」

 

「ウインドスターは、世界中の小型船クルーズの中で、美食料理提供のリーダーとなることを目指しています。ジェームズ・ビアード財団とのパートナーシップを通じて、素晴らしい料理のスーパースター達を紹介いただけ、実際に我々の船にお迎えできることを大変嬉しく思います。今回のパートナーシップ契約の延長の特筆すべきは、評判の高いシェフだけでなく、注目に値するソムリエやとミクソロジーの専門家も乗船するという点です。素晴らしい食事に優れたワインを合わせ、クルーズする海域の食事にあうビールやカクテルを提供できます。2018年のプログラムでは、全て、クルーズの訪問先に所縁があるシェフやビバレージの専門家が選ばれています。」